マキロイ64で逆転優勝 ウッズ5位、松山49位

[ 2018年3月19日 08:49 ]

最終ラウンド、5番でアプローチショットを放つ松山英樹。通算1アンダーで49位
Photo By 共同

 米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待は18日、フロリダ州オーランドのベイヒル・クラブ(パー72)で最終ラウンドが行われ、松山英樹は2バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの74と落とし通算1アンダー、287で49位に終わった。

 3位で出て8バーディー、ボギーなしの64と伸ばしたロリー・マキロイ(英国)が通算18アンダーで2季ぶりのツアー通算14勝目を挙げた。優勝賞金は160万2千ドル(約1億7千万円)。ブライソン・デシャンボー(米国)が3打差の2位。69で回ったタイガー・ウッズ(米国)は10アンダーで5位に入った。

 ▼松山英樹の話 前日のようないいティーショットが打てなかった。いいプレーの後にミスが出て、ちょっと悔しいラウンドになった。でも体の痛みがどこにも出ずにできた。4日間プレーできたことは良かった。そこだけは収穫かなと思う。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年3月19日のニュース