チーム平田 準V躍進も…決勝完敗に悔しさあらわ「後味悪い」

[ 2018年3月19日 05:30 ]

カーリング全農日本混合ダブルス選手権最終日 ( 2018年3月18日    青森・みちぎんドリームスタジアム )

カーリング全農日本混合ダブルス選手権最終日 準優勝した平田と北澤
Photo By スポニチ

 中部電力の北沢とSC軽井沢クの平田が組んだチーム平田にとって、準優勝は想定外だった。「大会が始まる前に目指していた結果を上回った」と平田。ただ、藤沢・山口との決勝は完敗を喫し、北沢は「最後がふがいない負けで後味が悪い」と悔しさをあらわにした。

 今後はチームでの活躍を誓う。北沢は「22年北京五輪を目指して日本選手権で勝ちたい」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年3月19日のニュース