大迫傑 10キロ独走V 日本選手権クロカン

[ 2018年2月24日 18:42 ]

圧倒して優勝を飾った大迫
Photo By スポニチ

 陸上の日本選手権クロスカントリーは24日、福岡県の海の中道海浜公園クロスカントリーコースで行われ、シニア10キロは昨年の福岡国際マラソンで国内歴代5位となる2時間7分19秒だった大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)が29分53秒で優勝した。

 起伏と砂地がある1周2キロのコース。大迫は4周目に入る直前でスパートし、独走した。「様子を見るつもりだった。誰もついてこなかったのでそのまま行った。最後は1人だったのできつかったが、しっかり頑張ることができた」と振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「紀平梨花」特集記事

2018年2月24日のニュース