前回優勝キプサング、自信たっぷり「世界記録が可能なコース」

[ 2018年2月24日 05:30 ]

東京マラソン ( 2018年2月25日    東京都庁前~東京駅前 )

<東京マラソン2018プレスカンファレンス>ウィルソン・キプサング(左)と記念撮影する神野大地
Photo By スポニチ

 日本国内最高タイムで前回大会を制したウィルソン・キプサング(35=ケニア)が世界新記録に意欲を見せた。

 世界記録を7秒上回る2時間2分50秒を目標タイムとしたキプサングは「東京は今まで走った中でも最高のパフォーマンスが出せたマラソン」と相性の良さを実感。「世界記録が可能なコースなので、後半エネルギーを温存できれば大丈夫だと思う」と自信たっぷりに語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年2月24日のニュース