フィギュア全日程終了 小林監督「ロシアに近づけるように」

[ 2018年2月24日 05:30 ]

平昌冬季五輪フィギュアスケート女子フリー ( 2018年2月23日 )

団体女子フリーの演技を終え笑顔の小林芳子強化部長
Photo By 共同

 フィギュアスケートの全日程を終え、日本代表の小林芳子監督(62)が総括。男子について「羽生選手はケガもあったけれどタフに自分を信じて演技した。宇野選手も羽生選手の背中を見て練習してきて表彰台に上った。強い男子をアピールできてホッとしている」と評価した。メダルなしとなった女子だが初出場の2人が4、6位と奮闘し「うちの選手は精いっぱい演技した。まだ若いので伸びしろがある」と話した。

 ワンツーのロシア勢は若手も有望選手がおり、強化は急務。今季終了後、国際スケート連盟はルール変更も検討しているだけに「ルールが変わることも考えて、ロシアに近づけるようにしたい」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年2月24日のニュース