山中24位に沈むも前向き、20位長谷川も4年後リベンジ誓う

[ 2018年2月24日 05:30 ]

平昌冬季五輪 スピードスケート男子1000メートル ( 2018年2月23日 )

<平昌五輪スピードスケート>男子1000メートル、滑走する山中大地
Photo By スポニチ

 500メートル5位と健闘した山中だったが、1000メートルは24位に沈んだ。それでも「成長できている自信はある。これから課題を見つけて、トレーニングを積んでいきたい」と前向きだった。

 主戦場の500メートル14位に続き、この種目も20位に終わった長谷川は、平昌入りしてから体調を崩しただけに悔いも残る。「(500メートルから)気持ちを切り替えて、悔しさをぶつけようと思った。4年後はリベンジしたい」と話した。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年2月24日のニュース