1・5キロ超 乗り乗り!!マダコフィーバー

[ 2020年7月23日 14:09 ]

餌木を失いタコテンヤで1キロ級をゲットした角谷るみ子さん          
Photo By スポニチ

 【ゴトケンの釣り新鮮便】東京湾の夏の風物詩といえば照りダコで決まり!これまで一般的だったカニ餌を付けた手釣りに代わり、竿を使った餌木ダコが大ブレークしているという。手釣りの経験あるが…不安は募るものの今年もマダコの当たり年と聞き、八景・鴨下丸に足を運んでみた。(後藤 賢治)

 午前7時半に出船し、航程30分で横浜沖に到着。水深は5~10メートル。鴨下芳徳船長の合図で一斉に仕掛けを投入した。

 タックルは竿1・5メートル前後、道糸はVARIVAS「10×10」4~6号、リーダーは同「ハードトップ船ハリス10号」1~3メートル 餌木は3・5~4号、オモリ30~40号をセット。根掛かりで切れないよう、ラインは太めを使うのがお薦め。

 仕掛けが着底したらすぐに糸フケを取り、オモリが底を切らないようにサミングし、重みを感じた時に竿先を1メートルほど送る感じで5秒近く待ち、一気に合わせて巻き上げる。巻き上げる際、テンションを変えるとタコが落ちやすいので注意が必要。

 1投目に左舷トモにいた藤沢市の大林亨さん(53=会社員)が500グラム級を釣り上げると、全員に当たりがくる。

 「でかいぞ」竿が満月状態だったのは、横浜市の炭孝昭さん(64=理学療法士)には1・5キロオーバーの大物。今年からエギングを始めたという炭さんは、今回が4回目の挑戦。「底からタコをはがして釣り上げ、手元に来るまでのバラさないかどうかのハラハラ感がたまらない。根掛かり覚悟で上げたタコは格別」。週1回ペースで釣行しているというハマりよう。

 持ってきた餌木を根掛かりですべてロストし「これから手釣りに変えます」と申告した横浜市の角谷るみ子さん(46=会社員)は、鴨下船長から渡されたカニ餌のテンヤを投入。しばらくすると「乗った、乗った」とうれしそうな声。見ると1キロ級の食べごろサイズ。

 「タコの唐揚げが大好き。主人と一緒に釣りをしますが、下手くそ、下手くそと言われるので今回は一人で来ました」と10匹以上を釣り上げ大満足のようす。餌木は失ったが、自信を手にしニコニコ顔だった。

 マダコフィーバーはこれからが本番だ。

◆絶品のと特製タコ飯&やわらか煮

 釣ったマダコを埼玉県入間市「のと寿司」に持ち込み、大将の加藤茂さんにやわらか煮と、特製タコ飯を作ってもらった。

 <やわらか煮>塩でヌメリを取りぶつ切りにしたマダコ1キロに、コーラ600ミリリットル、酒大さじ3、粉末和風だし大さじ1、濃口しょうゆ大さじ3を鍋に入れ、味が染みるまで中火で30~40分煮れば出来上がり。

 <のと特製タコ飯>うるち米2合、もち米2合、下ごしらえをしたマダコ500グラムを1センチ大のぶつ切りにし、しょうゆ大さじ2、酒大さじ1、ショウガの千切り100グラムを一緒に炊飯器へ。マダコから水気が出るので水は控えめにするのがコツ。赤飯のようなモチモチ食感は絶品だ。

 ▼釣況 東日本釣宿連合会所属、八景・鴨下丸=(電)045(781)8410、出船は午前7時半、乗合料金は8000円、女性・中学生以下は4000円。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る