JKアングラー 初代王座頂く

[ 2019年7月11日 07:47 ]

月に行われた、日大二中高校釣り部のマアジ釣行
Photo By スポニチ

 【釣り人掲示板】女子高生アングラーがV宣言!日大二高(東京)の釣り部に所属する女子部員3人が、第1回「バリバスカップU―18選手権スポニチ東京湾LTマアジ釣り大会」(23日開催)に参加する。元気なJKアングラーたちは学校対抗戦の初代王座獲りに意欲を見せた。(構成・藤田 知洋)

 都内の取材場所に現れたのは大石恵莉さん、黒川愛佳さん、高野瑚子さん(ともに2年生)。胸のリボンが特徴の制服を着た3人が、日大二高釣り部の主力を担う乙女たちだ。

 ――釣り部に入ったきっかけは?

 大石 元々釣りが好きで、経験が生きる部活だからです。船に乗せてもらえる!と、すぐに決めました。

 黒川 父の強い勧めで。父が釣り部のある学校を探してきて、学校選択のポイントにもなりました。

 高野 釣りは全くの未経験でしたが、おいしい魚が食べたくて、入部しました。それに、顧問の先生の勧誘も熱くて。

 ――活動状況は

 大石 月に1度くらい皆で釣行します。釣り場や魚種はミーティングで決めています。船釣り以外にも堤防や管理釣り場など幅広いです。

 黒川 兼部も認められているので、私は釣り部の活動がない日、文芸部で創作活動しています。

 高野 私は家庭部でお菓子作り。残念ながら魚料理は作りませんが。

 大石 私は軽音楽部でギターを弾いています。皆とても充実した高校生活です。

 ――「バリバスカップU―18選手権東京湾LTマアジ釣り大会」への抱負は。

 大石 クーラーに入り切らないくらいのマアジを釣りたいです。

 黒川 30匹を目標に精いっぱい集中したい。

 高野 男子も含めて皆で力を合わせて数多く釣りたい。

 大石 他校との交流も楽しみです。

 ――チームは初代の王座を狙う?

 全員 はい!

 ▽日大二中・高校釣り部 部員51人(女子5人)。先月に新入生歓迎釣行を行い、毎月の釣行など、全国で約30校で運営される釣り部の中でも活動は非常に活発だ。顧問は戸谷篤教諭。

 ◇バリバスカップU―18選手権東京湾LTマアジ釣り大会 スポニチと東日本釣宿連合会が主催、㈱モーリスの特別協賛で23日(火)に初開催する。関東や大阪の釣り部がある中学・高校から14校がエントリー。東京湾の深川・吉野屋、葛西橋・第二泉水、南六郷・ミナミ、川崎・中山丸に分乗して出船、チーム戦形式で競技を行う。マアジ5匹の重さで競い、優勝チームには優勝旗が授与される。


続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る