決戦前日の西野ジャパン 23人全員がミーティングで決意表明

[ 2018年6月19日 05:30 ]

W杯1次リーグH組   日本―コロンビア ( 2018年6月19日    サランスク )

円陣で指示を出す西野監督(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 サランスク入りした17日の夕食後に行われた選手間ミーティングでは、全選手が決意表明を行った。若手からベテランまでの23人が自らの言葉でW杯への思いを語り、胸を打つ場面もあったという。

 リオ五輪では主将を務めたDF遠藤は「みんなで集まって話した。スタメンで出る人、出ない人。それぞれ役割がある。その役割をチームのために全うできるかどうか。23人全員で戦うことが凄い大事」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月19日のニュース