スイス、ずる賢く勝ち点1 反則ギリギリCKから同点弾

[ 2018年6月19日 05:30 ]

W杯1次リーグE組   スイス1―1ブラジル ( 2018年6月17日    ロストフナドヌー )

後半5分、同点ヘッドを決めるMFツーベル
Photo By ゲッティ=共同

 後半5分、喜びが爆発した。スイスはCKからMFツーベルが同点弾を沈めた。相手DFミランダを押してフリーになる反則ギリギリのプレー。お株を奪うマリーシア(ずる賢さ)にペトコビッチ監督は「スペースと決定機をつくった」と称えた。

 貴重な勝ち点獲得には自慢の堅守が欠かせなかった。20本のシュートを浴びても最少失点に抑えきった。「選手たちは強い決意を示してくれた」と指揮官。ハードワークを怠らず、ブロックに体を張った。さらにFWネイマール封じも徹底されていた。「彼はとてもいい選手なので、戦わなければいけなかった」と主将のDFリヒトシュタイナーは明かした。

 2大会連続の1次リーグ突破へ。ヨーロッパの小国は勢いと大きな自信を手にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月19日のニュース