PR:

大迫“半端ない”ゴールが決勝点 本田に感謝「いい質のボールをゴール前に入れてくれた」

W杯1次リーグH組   日本2―1コロンビア ( 2018年6月19日    サランスク )

後半、ゴールを決め喜ぶ大迫(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 W杯初戦で、FW大迫が“半端ない”ゴールを決めた。1―1で迎えた後半28分、本田からのCK。競り合った相手の4番アリアスよりも高く跳び、打点の高いヘディングで合わせた。右のポストに当たり、決勝点が吸い込まれた。

 両手を広げて叫びながら、歓喜の感情が爆発した。「うれしかった。素直に。みんなでこの長い期間準備してきて、まとまってできて、勝ち越し点を取れた時にはまずはベンチに行こうと思った」。ベンチのメンバーの下に駆け寄り、槙野の胸に飛び込んだ。

 カザン入り後は取材対応日でも言葉少なだった。「結果を出すことだけが全て。そこで出せなければ叩かれてもしょうがないと割り切っていた」。集中するために、クールな男が輪をかけてクールになった。ゴールを決めた試合後はせきを切ったように言葉があふれた。

 CKからの得点は練習のたまものだった。「圭佑(本田)くんがいいボールを蹴っていてくれていて、練習から得点が多かった。あの形でいい質のボールをゴール前に入れてくれたので、感謝しかないですね」と称えた。

 4年前、無得点に終わったブラジル大会。先発した初戦のコートジボワール戦は逆転負けした。「前回は初戦でああいう負け方をして、個人的にも何もできなかった。W杯はすべてがうまくいく大会じゃないので、悪い時(時間)もある。その時にどれだけ自分たちが歯を食いしばって頑張れるか。そのへんは経験ある選手たちが凄く多くて、スムーズに試合はできた」。1―1に追いつかれても、チームは不屈だった。

 前半3分、相手DFの一発退場を誘ったのも、自身が相手DFとの競り合いに負けず放ったシュートが起点だった。「競り勝てたのは凄く良かったし、個人的には決めたかったけど(PKにつながったので)結果オーライ。この4年間ドイツでやってきて本当に良かった」。屈強な外国人選手相手でも競り負けない力。4年前からの確かな上積みを証明させるシーンだった。

 次はセネガル戦。「ロッカールームに帰ったら(みんなの)笑顔を見ることができて凄くじんときた。まだまだ続くので頑張っていきます」と気を引き締めた。

[ 2018年6月20日 02:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:09月20日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム