大迫1トップ濃厚 多く語らず「覚悟を持ってやるだけ」

[ 2018年6月19日 05:30 ]

W杯1次リーグH組   日本―コロンビア ( 2018年6月19日    サランスク )

ウォーミングアップをする大迫(左)と長谷部(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 FW大迫は1トップでの先発が濃厚で、W杯初ゴールを狙う。自身初出場となった前回のブラジル大会は初戦コートジボワール戦、第2戦ギリシャ戦に先発したが、不発。第3戦のコロンビア戦は出場機会がなく、1―4で大敗した試合をベンチから見つめた。

 ピッチに立てなかった屈辱から4年。「W杯は独特の雰囲気がある。あまりしゃべることはない。覚悟を持ってやるだけ」と多くは語らず闘志を燃やしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月19日のニュース