川島、失点は「壁の下からきた瞬間、厳しいなと思った」

[ 2018年6月19日 23:19 ]

W杯1次リーグH組   日本2―1コロンビア ( 2018年6月19日    サランスク )

<日本・コロンビア>勝利を喜ぶ川島(左から2人目)ら守備陣(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会第6日は19日、1次リーグが行われ、FIFAランク61位の日本代表はH組初戦で同16位の強豪コロンビア代表と対戦。2―1で勝利を収めた。

 前半6分にMF香川真司(29=ドルトムント)がPKを決めて先制。前半39分に追いつかれたが、後半28分、3分前に途中出場したMF本田圭佑(32=パチューカ)の左CKに1トップのFW大迫勇也(28=ケルン)が頭を合わせて決勝ゴールを決めた。

 GKの川島(35=メッス)は試合後「最後は厳しい時間が続いたが、皆身体を張って守ってくれたので、いい結果を得ることができてよかった」とコメント。失点は直接FKで壁の下を抜けてきたシュート。「壁の下からきた瞬間、厳しいなと思った。どうにかできるかなと思いましたが、難しかったです」と振り返った。

 後半、盛り返した理由について「自分たちがしっかりペースを握れば、もう1点獲れるという話をしてました」と冷静に語り、「初戦が大切だと話していたので大きな自信になる。この自信を胸に進んでいきたい」と次戦以降への意気込みを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月19日のニュース