トルシエ氏、コロンビア戦へ提言「日本らしさ捨てるべき」 あえてボール持たせてカウンター勝負を

[ 2018年6月19日 12:10 ]

W杯1次リーグH組   日本―コロンビア ( 2018年6月19日    サランスク )

02年の日韓大会で日本代表を率いたトルシエ氏
Photo By スポニチ

 02年日韓大会で日本代表を指揮したフィリップ・トルシエ氏(63)が、西野ジャパンに1次リーグ初戦で対戦するコロンビア対策を提言した。

 コロンビアが初戦で良かったと思っている。H組で一番強い相手だが、初戦なら様子を見ながら試合に入ってくる可能性が高いからだ。私は試合に勝つためには相手よりベターである必要はないと考えている。バルセロナと対戦するチームは「バルセロナよりうまくプレーしなければ」と思うかもしれない。だが、バルセロナより弱くても、要所で相手を破壊すればいい。正しい戦略を取れば勝てる可能性はある。

 私が監督ならコロンビアに対しては、意識的に相手にボールを持たせ、彼らがボールをつなぎながら攻めてきたところでボールを奪いに行く。コロンビアは個人技に優れているが、組織的なサッカーは得意ではない。ボールを保持させ、DFラインの後ろにスペースができたところでボールを奪って2、3本のパスで相手ゴール前まで攻めればチャンスが生まれる。これが一番効果的な方策だ。

 日本もボールを保持することはできるが、保持してコンパクトになっているときにボールを奪われると守備ラインの裏のスペースにすぐにパスを出されてピンチを招く。スイス戦やガーナ戦でもそういう場面があった。しかもコロンビアの攻撃は速いし、個の力もある。日本らしい戦い方をしようとすることは危険で失点しやすい。無理に攻撃せず、相手の力を利用する戦い方をした方がいい。

 西野監督は混乱した中で就任し、チームの哲学を変えるだけの余裕はない。3試合で選手23人全員をピッチに立たせて「全員が必要だ」というメッセージを送り、チームに一体感が見えた。ただ、私はパラグアイ戦で先発した選手はコロンビア戦には2、3人しか入ってこないと思う。勝ってチームに自信を与えたが、ベースはスイス戦だ。そこに乾や香川を入れるかどうかだろう。 (02年W杯日本代表監督)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月19日のニュース