セネガルがポーランドに勝利 日本と同率でH組首位に 24日に直接対決

[ 2018年6月20日 01:54 ]

W杯1次リーグH組   セネガル2―1ポーランド ( 2018年6月19日    モスクワ・スパルタク競技場 )

得点に沸くセネガルイレブン(AP)
Photo By AP

 H組はFIFAランク27位のセネガルが同8位のポーランドに2―1で勝利。コロンビアを2―1で下した日本と同じく、白星発進を決めた。

 前半37分にオウンゴールで先制。MFゲイのシュートが相手DFに当たってコースが変わり、ゴールへと吸い込まれた。

 1点リードのまま試合を折り返すと、後半15分に追加点。相手の軽率なバックパスをFWニャンが見逃さず、ボールを奪取。キーパーをかわして無人のゴールへ流し込んだ。

 守備陣の集中力も最後まで途切れず。後半41分にポーランドに1点を返されたが、2―1で逃げ切った。

 ともに白星発進を決め、同率でH組の首位に立った日本とセネガル。日本時間24日の深夜0時からエカテリンブルクで直接対決を迎える。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月19日のニュース