【フェブラリーS】(1)ブルドッグボス 8歳余裕十分「輸送は落ち着いていた」

[ 2020年2月23日 05:30 ]

 ブルドッグボスは関西馬で一番乗り。午後3時28分に東京競馬場に到着した。この一戦のみJRAに移籍しての参戦。「転厩初戦なので比較はできないけど、輸送は落ち着いていた。8歳なので心配いらない」と秦野厩務員。馬房でも余裕たっぷりにカイバをパクパク。「G1を勝った時の体重(JBCスプリント=520キロ)ぐらいで出せると思う」と好調を伝えた。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2020年2月23日のニュース