【浜田・東京本社ワンモアトライ】23日小倉11R ヴェロックスには逆らえない

[ 2020年2月23日 08:00 ]

 ハンデ戦という言葉は魅惑的だ。聞いただけで荒れそうなイメージがある。そのイメージとは軽量の人気薄が激走し、重ハンデの人気馬が飛ぶ。競馬ファンなら誰もが抱く期待ではないだろうか。

 でも、小倉大賞典は重ハンデを重視した方がいいかもしれない。現行の施行条件となった00年以降の重量データを調べると…。

 最も出走が多かった53・5~55キロは133頭で7勝、2着7回。勝率5・3%、連対率10・5%

 これが55・5~57キロになると95頭出走で勝率7・4%、連対率16・8%

 さらに57・5キロ以上では勝率20%、連対率25%

 ハンデが重くなるごとに好走確率が跳ね上がる。つまり実力馬が実力通りに走る傾向にあるのだ。

 ヴェロックスは昨年、クラシック3冠に皆勤し皐月賞2着、ダービー、菊花賞3着。まさに“無冠の帝王”という称号がふさわしい実績を評価されトップハンデタイの57キロ。重賞未勝利だが素直に能力を認めるべきだ。このデータを見た後では、むしろもう0・5キロもらった方が良かったようにも思えるが、軽いに越したことはない。小倉はデビュー戦で8馬身差の圧勝Vを飾った舞台。原点の地で、まずはG3タイトルを手にして、悲願G1へとつなげる。(6)から。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年2月23日のニュース