【天皇賞・春】テーオーロイヤル90点 G1初制覇へ“機は熟した”

[ 2024年4月22日 05:30 ]

天皇賞・春出走馬採点表
Photo By スポニチ

 過去10年の傾向から勝ち馬を導き出す「G1データ王」は5項目、各20点満点のポイント制で勝ち馬に迫る。当コーナーは大阪杯、桜花賞、皐月賞と3週連続で推し馬がVと絶好調。春の長距離王決定戦「天皇賞・春」は多彩な顔触れで混戦模様だが、悲願のG1初制覇が懸かるテーオーロイヤルが最高得点となった。

 【ステップレース】
 阪神大賞典が【3・5・4・49】、日経賞が【3・2・3・42】と双璧でともに20点。大阪杯は【2・1・0・5】、AJC杯は【1・0・0・1】で15点。これ以外のレースを使ってきた馬は10点。

 【前走着順】
 前走1着馬は【5・5・5・21】で20点。2着馬【2・1・2・22】、3着馬【1・1・1・18】、4着馬【1・0・2・12】、5着馬【1・1・0・13】で15点。前走6着以下は優勝なしで10点。

 【性齢】
 5歳が【5・31・3・8】で連対率17・0%、4歳は【4・2・4・30】で同15・0%とほぼ互角で20点。6歳は【1・4・2・33】で15点。7歳以上は2着が最高で10点。牝馬で3着以上は21年3着カレンブーケドールだけで牝馬も10点。

 【G1実績】
 優勝馬10頭中、13&14年連覇のフェノーメノを含め、8頭は天皇賞・春初優勝以前にG1勝ちがあり、芝G1馬は20点。18年レインボーラインは菊花賞2着、昨年ジャスティンパレスは同3着(ホープフルS2着)があり、芝G12&3着がある馬は15点。その他は10点。

 【距離実績】
 優勝馬8頭は天皇賞・春以前に「芝3000メートル以上勝利」があって20点。先述の通り、18年レインボーラインは菊花賞2着、昨年ジャスティンパレスは同3着で芝3000メートル以上の2、3着馬は15点。上記以外10点。

 【結論】
 合計得点トップは90点のテーオーロイヤルだ。6歳、G1実績がわずかに減点ながら、王道の阪神大賞典1着でステップは文句なし。2年前の当レース3着を上回り、G1初制覇の機は熟した。(データ班)

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年4月22日のニュース