【フリージア賞】フウジン 内から突き抜けて2勝目!石橋「力がある」

[ 2020年2月23日 05:30 ]

<フリージア賞>レースを制したサトノフウジン(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 3歳1勝クラスの東京8R・フリージア賞は中団インを追走した2番人気サトノフウジン(牡=堀、父ディープインパクト)が、アメリカンシードの内から突き抜けて通算2勝目。騎乗した石橋は「前走(セントポーリア賞9着)は折り合い重視で力を出し切れず。行きたがる馬ですが、今回はコントロールして真ん中に入れた。抜け出す時が速かったし、力があります」と振り返った。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年2月23日のニュース