【東京新馬戦】レッドサーシャV!内田称賛「今後が楽しみ」

[ 2020年2月23日 05:30 ]

<東京6R新馬戦>レースを制したレッドサーシャ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東京6R新馬戦(芝1800メートル)は道中9番手でじっくり運んだ3番人気レッドサーシャ(牝=黒岩、父スピルバーグ)が直線で外から伸びてデビュー勝ち。騎乗した内田は「スタートは速くないと聞いていたのでハマるまで待っていたらいい走りだった。直線は前の馬がフラフラしていたので外に切り替えたら、そこからがいい伸び脚。この競馬ができれば、今後が楽しみ」と称賛していた。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年2月23日のニュース