【京都牝馬S】四位ラスト重賞 ショウブ11着も魅せて悔いなし「盛り返してくれた」

[ 2020年2月23日 05:30 ]

<京都牝馬S>11着に敗れたメイショウショウブと四位騎手(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 3月から調教師に転身する四位は、騎手として最後の重賞。メイショウショウブで入魂の逃げで大いにスタンドを沸かせた。結果は11着だったが、「馬自身も力まずにリラックスして走れていた。直線はグッと盛り返してくれたんだけど」と語る表情に悔いはなかった。29日、阪神で騎手生活にピリオドを打つ。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年2月23日のニュース