【フェブラリーS】(7)ヴェンジェンス 初マイル戦Vだ「むしろ合う」

[ 2020年2月23日 05:30 ]

 前哨戦・東海S2着のヴェンジェンスは午後3時56分に到着。東京競馬場は2歳だった15年11月(オキザリス賞3着)以来の久々となるが、大内助手は「イレ込む馬じゃないので大丈夫。これまで長距離輸送で体重が減った記憶もないし、いつもと変わらない様子。ここまでは順調」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 これまでダートの1200~1800メートルで27戦したが、実はマイル戦は初めて。「むしろ合うんじゃないかな。芝スタートは昨年のプロキオンS(3着)でも好走している。左回りも気にならなくなってきたし、東京マイルは一番試したかった条件」と同助手。人気の一角インティとは3度対戦して2度先着。初のマイル、久々の府中さえ克服すれば能力ではひけを取らない。「心臓が強い馬なので追い切りの後も変わりない。状態はキープできている」。2度目のG1挑戦で父カジノドライヴに産駒G1初勝利をプレゼントするか。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年2月23日のニュース