【峰竜太のアロハな気分】30代ラストイヤー「レーサーとしては自分の挑戦は最後の年になるかな」

[ 2024年4月24日 07:00 ]

地元G1後に先輩や弟子らから誕生日の祝福を受ける峰

 先月の30日が39歳の誕生日だった峰竜太。“挑戦するのは最後”と位置づける30代最後の1年が始まった。佐賀県唐津市出身でボートレース界のスーパースター・峰竜太の月イチコラム「アロハな気分」。今回は30代最後への思い、そして自宅に隣接する“別宅”、“ゲストハウス”も特別に公開してくれた。

 「スポニチ読者のみなさん、アロハ~。ボートレーサーの峰竜太です。3月30日で39歳になりました!30代ラストの1年も頑張りたいですね。今回は特別に別宅、ゲストハウスの中も紹介しちゃいますよ~」

 地元G1に出走中だった先月の30日が39歳の誕生日。レース後はお祝いの連続だった。

 「家族もありましたし、G1後は先輩や弟子、後輩らが祝ってくれました」

 そして30代最後の1年が始まった。

 「レーサーとしては自分の挑戦は最後の年になるかなと思います」

 40代ではまた、違った思いで走る。

 「ファンのため、若手のために走っていこうかなと。なので、自分の挑戦としては最後の年にするつもりです」

 自宅に併設された建物も公開してくれた。

 「(呼び名は)別宅とかゲストハウスですね」

 以前、コレクションしているスニーカーや、トロフィーの写真を公開。なんとグランドピアノまである。

 「ピアノは(20年の)鳴門のオーシャンカップを勝った時に買いました。妻と子どもへのプレゼントですね。別宅に来て弾いたりしてますね」

 別宅を建てたのには理由がある。

 「以前から何かそういうのが欲しいなぁとは思ってて。平和島で賞金王(グランプリ)を獲った時(20年)に後輩の宮地元輝から“家の横に離れみたいなのを建てたらいいじゃないですか”って勧められたんです。ちょうど自宅の横に空いてる土地があったので、土地も購入して建てました」

 ダービーの優勝ジャケット、グランプリ優勝をはじめ多くのトロフィーやメダルが飾られている。

 「“自分の歴史”ですね。これからも増やしていけるように頑張ります!」

 ◇峰 竜太(みね・りゅうた)1985年(昭60)3月30日生まれ、佐賀県唐津市出身の39歳。唐津西時代はヨット部に所属し、インターハイ、国体、世界選手権に出場。ボートレーサーとしては佐賀支部の95期生として04年11月にプロデビュー。18、20年にグランプリ優勝。約1年10カ月ぶりのSG復帰だった昨年10月の蒲郡ダービーで最高峰のグレードSG6度目のVと通算100回目のV、全24レース場でのVを達成。昨年は8度目の年間最高勝率選手に輝いた。生涯獲得賞金は17億円を突破。1メートル71、血液型B。

続きを表示

この記事のフォト

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年4月24日のニュース