【フェブラリーS】(5)インティ 馬房で落ち着き「疲れはない」

[ 2020年2月23日 05:30 ]

 フェブラリーS連覇が懸かるインティは、落ち着いた雰囲気で馬房に収まった。最終追いでは自己ベストとなる坂路4F51秒1をマークしたが「久々に凄い手応え。行きっぷりが良くてレースモードになっているんでしょう。疲れはないです」と和田助手。展開の鍵も握る同馬。前走・東海Sは好位に控える形になったが「他に行く馬がいれば2番手でも。多少流れが速くても、自分のリズムで行ければ」と思い描いていた。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2020年2月23日のニュース