【ダイヤモンドS】テンゲン 鼻差2着に泣く…池添ブ然「審議がないのはおかしい」

[ 2020年2月23日 05:30 ]

<ダイヤモンドS>惜しくも鼻差2着に終わったメイショウテンゲン(手前)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 鼻差2着に泣いたのが3番人気のメイショウテンゲン。ゴール前は勝ち馬を差し切る勢いで迫ったが、レース後の池添はブ然とした表情で引き揚げてきた。「道中は自分のリズムで折り合いは付いていた。勝ち馬にあれだけ寄られて審議がないのはおかしい」と怒りを伝えた。池添兼師は「やっぱり長い距離は走る。今後は天皇賞・春を目指したい」と話した。 レース結果

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2020年2月23日のニュース