【寺下の変 特別編】23日京都11R 最内モンペルデュの逃げ推し

[ 2020年2月23日 08:00 ]

 今年最初のJRA・G1フェブラリーSは◎インティの逃げ推し。昨年の当レースを勝って以降は未勝利だが、逃げたチャンピオンズC(3着)は強い内容だった。負かした4着チュウワウィザード、6着オメガパフュームはそれぞれ次走の川崎記念、東京大賞典をV。当時の上位2頭は来週のサウジカップに参戦するため不在なら、連覇も十分狙える。武豊のリードに託す。

 ダートオープンクラスの京都11R・大和Sも、◎モンペルデュの逃げ推しで勝負しよう。これまで千二以下の距離なら5戦5勝と負けなし。非凡な先行力を生かして、楽々と逃げ切ってきた。そのうち、千二の4走前(中京)、2走前(京都)はレコードV。雨上がりの京都で時計の速い決着になれば、よりスピードが生きる。前走のJBCレディスクラシックはスタート直後に落馬するアクシデントがあったが、しっかり立て直されて順調に乗り込んできた。絶好の最内枠から先手を奪って押し切る。

 馬券は単勝と馬連流しで相手はテーオージーニアス、ジャスティン、バイラ、テーオーヘリオス、ヒデノヴィーナス、スズカコーズライン、ハングリーベンの7頭へ。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2020年2月23日のニュース