【午後の狙い馬・7日阪神11R】ダノンファンタジー“ディープ馬場”も味方に桜の女王へ

[ 2019年4月7日 10:51 ]

 土日とも良馬場で行われる阪神。芝コースは「ディープインパクト産駒」の“庭”状態だ。土曜の芝5レースのうち、産駒が出走した4レースは全てV。しかも、4レースとも桜花賞と同じ外回りだった。桜花賞も11~14年まで産駒が4連覇した相性のいいレース。今年も“ディープ産駒”には逆らえない。

 
 阪神11R・桜花賞は、ディープインパクト産駒の(15)ダノンファンタジーを信頼する。川田&中内田師のコンビは、同じ阪神マイル戦の土曜9、11RもV。ファンタジー自身も当舞台で3戦3勝と負けなし。2歳女王が不動の本命だ。

 相手もディープ産駒の(1)シェーングランツ、(3)ノーブルスコア、(8)グランアレグリア、(17)レッドアステルに注目。ディープ産駒以外では土曜の芝で【0310】と全て馬券圏内に入ったダイワメジャー産駒が怖い。今年のメンバーでは(16)シゲルピンクダイヤ1頭のみ。押さえておきたい。

 馬券は3連単(15)1着固定→(1)(3)(8)(16)(17)の20点で勝負。(直前予想班)

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年4月7日のニュース