各競馬場で名牝追悼 開催3場11Rが「ウオッカ追悼競走」に

[ 2019年4月7日 05:30 ]

中山競馬場にはウオッカへの献花台が設置されていた (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 1日に死んだウオッカを追悼し、6日に中山、阪神、福島などの各競馬場やウインズで献花台、記帳台が設置された(29日まで)。この日の開催3場と東京、京都の総献花数は218件、記帳数は2313件。開催3場のメインレース名に「ウオッカ追悼競走」が付された。中山競馬場に献花に訪れた千葉県在住の50代女性は「子供や孫の活躍が楽しみ。お疲れさまでした」と涙ぐんでいた。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年4月7日のニュース