【桜花賞】(13)ジュランビル 先行力を生かす

[ 2019年4月7日 05:30 ]

 ジュランビルは坂路を軽快に駆け上がり、最終調整を終えた。担当の内山助手は「いつも通りのパターンです。休み明けの前走を使って上向いていると思いますよ」と好感触を口にする。ここまで5戦して全て馬券圏内の堅実派。「マイルの距離は初めてなので、どれだけやれるか。ゲートは速いし、ロスなく立ち回って早めに抜け出してくれたら」と持ち味の先行力を生かして一発を狙う。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年4月7日のニュース