【午後の狙い馬・7日中山12R】ヤサシサ、前残りの馬場を味方に

[ 2019年4月7日 12:51 ]

 ダートは良だが、土曜から前残りが顕著。差しが決まったレースは先行争いが激しくなって明らかなオーバーペースと敗因がはっきりしており、基本的には4角を4番手以内で回れるような立ち回りができる馬が断然有利。

 ヤサシサは前走に続き大外(16)番枠と少々運がないが、それでも現級での安定した先行力は魅力だ。前走は隣の(15)番の馬に内から突っ張られ、ともにハイペースで崩れたのが敗因。今回は外からスンナリ行けそうだし、チークピーシーズからブリンカーに替えての着用も集中力強化にいい方に向きそう。マイペースなら巻き返す。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年4月7日のニュース