【桜花賞】ビーチサンバ5着 福永“未完成”を敗因に挙げる

[ 2019年4月7日 22:00 ]

<阪神競馬 11R桜花賞>2着に2馬身以上の差をつけ圧勝したグランアレグリア(左) (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ビーチサンバの福永は“未完成”を敗因に挙げた。最後は実績に見劣らない追い上げを見せたが、掲示板を死守する5着が精いっぱい。「やはりエンジンが掛かるまでに時間がかかる。スッと反応できない。そういうところも成長途上なんだと思う」と真摯(し)に振り返る。

 気持ちを切り替え、「勝ち馬は強かったけど、2着と差はなかった。まだこれからの馬。次は良くなると思う」と視線は先を見据えた。母フサイチエアデールは桜花賞2着をバネに古馬になって重賞2勝を挙げた。成長曲線はさらに上を向くはず。
 

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年4月7日のニュース