【桜花賞】(2)エールヴォア 陣営「前走とは気配が全然違う」

[ 2019年4月7日 05:30 ]

 エールヴォアは午前8時前、坂路を行きっぷり良く駆け上がり、ラスト1F13秒7をマーク。五十嵐助手は「いつも通りサッと乗った。スイッチが入った感じで、前走とは気配が全然違う」と上昇ぶりを伝える。内の枠に入り、思い切った逃げもありそう。「他にも行きたい馬がいるかもしれないが、包まれたくないし積極的な競馬で持ち味を生かしてほしい」。新コンビの松山に全権委任だ。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年4月7日のニュース