【中山9R】アイリスフィール快勝 騎乗の石川「相当走る馬」

[ 2019年4月7日 14:51 ]

 3歳牝馬500万下の中山9R・デイジー賞は1番人気アイリスフィール(相沢、父ハービンジャー)が快勝。好位3番手から末脚を伸ばし、逃げ粘るエピローグを3/4馬身差で差し切った。

 騎乗した石川は「いいポジションに収まったが、まだ力んで走っている。もう少し力を抜いて走れれば。能力を発揮すれば相当走る馬」と評価。今後はトライアルを挟んでオークス(5月19日、東京)を目標にする。

 相沢師は「折り合いさえクリアできれば距離は問題ない。府中でも勝っているので楽しみ。次にどこを使うかはメンバーを見ながら決めたい」と話した。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年4月7日のニュース