【桜花賞】グランアレグリアV!アーモンドアイ上回る最長“中111日”での戴冠

[ 2019年4月7日 15:40 ]

<阪神競馬 11R桜花賞>2着に2馬身以上の差をつけ圧勝したグランアレグリア (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 3歳牝馬3冠競走の初戦「第79回桜花賞」(G1、芝1600メートル)が7日、阪神競馬11Rで行われ、C・ルメール騎手騎乗の2番人気グランアレグリア(牝3=藤沢和厩舎)が優勝。まずは1冠目を制した。1分32秒7の桜花賞レコード。

 2着はシゲルピンクダイヤ(7番人気)、3着にクロノジェネシス(3番人気)が入った。

 勝ったグランアレグリアは父ディープインパクト、母タピッツフライという血統。デビュー戦でダノンファンタジーに完勝、牡馬相手に3着と互角に戦った朝日杯FS以来の出走。中111日での桜花賞制覇は昨年のアーモンドアイの中89日を上回る最長記録となった。

 鞍上のルメールは中央G1通算23勝目で今年は初勝利。管理する藤沢和師は現役最多の中央G1通算28勝目(障害含む)で今年は初勝利。

 3歳牝馬3冠は同レースに加え、オークス(5月19日、東京芝2400メートル)、秋華賞(10月13日、京都芝2000メートル)の3競走。これまで「牝馬3冠」を達成した女傑はメジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナ、アーモンドアイの5頭。1冠目を制したグランアレグリアのみが偉業への挑戦権を手にした。

続きを表示

この記事のフォト

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年4月7日のニュース