「宮下草薙」宮下 最強開運日の11日に一般女性と結婚「これからより一層精進いたします」

[ 2022年1月15日 13:10 ]

「宮下草薙」の草薙航基(左)と宮下兼史鷹

 お笑いコンビ「宮下草薙」の宮下兼史鷹(31)が15日、「一粒万倍日」と「天赦日」が重なり、最強の開運日だった今月11日に結婚したことを発表した。

 宮下は14日放送、パーソナリティーを務める文化放送「宮下草薙の15分」(金曜深夜2・45)で冒頭、「私事ではあるんですけど、実は昨日(1月11日)ですね、入籍致しました」と報告。「婚約の話はずっとしていましたし、1月中旬あたりに籍入れようかなみたいな話はしていたんですけど、やっと(籍を)入れさせていただきました」と続けた。

 6日のツイッターで「納車1ヶ月経たず盛大に擦りました」と投稿し、納車したばかりの愛車・テスラを擦ったことでも話題になっていた宮下。ラジオでもこの話となり、「テスラ擦ったことによって結婚延期の話も出ました」とも。擦ってしまった日に自宅に帰ると現在の妻である彼女が待っていたといい、「『大丈夫?』『物だけで済んだんだから良かったじゃない』と冷静に気遣ってくれて」と感謝。「いい人を俺は奥さんにしようとしているなあ、本当ありがたいなあ」と思ったことを明かした。

 放送後、自身のツイッターも更新。「ラジオで発表した通り、天赦日であり一粒万倍日であり友引きであり甲子の日でもある最強の日 1月11日に一般女性の方と入籍致しました」とあらためて結婚を報告。「これからより一層精進いたしますので今後とも応援のほどよろしくお願い致します」と記し、2人で婚姻届を持つ妻との2ショットを公開した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2022年1月15日のニュース