小栗旬の自宅を何度も訪れ「全て泥酔状態」と謝罪する実力派俳優とは…「優ちゃんにも本当に…」

[ 2022年1月15日 17:07 ]

俳優の小栗旬
Photo By スポニチ

 俳優の小栗旬(39)が15日、NHK総合「土曜スタジオパーク」(土曜後1・50)にゲスト出演。同局の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で共演する俳優・佐藤二朗(52)から謝罪される一幕があった。

 同作では主人公でのちの鎌倉幕府2代執権・北条義時を小栗が演じ、のちに火花散る権力闘争を起こす比企能員を佐藤が演じている。VTRで登場した佐藤は小栗とは飲み友達でもあるとし、「小栗の家に何回かお邪魔したことありますけど、全て、泥酔状態です。本当にこの場を借りて小栗だけでなく(妻の山田)優ちゃんにも本当にあの…」と謝意を示した。

 さらにコロナ禍の前には「小栗と俺の地元で飲んでね、最終的に朝方2人でバーに行って、さすがに小栗が『帰りましょうか』って言って、それ5軒目ぐらいなんですけど、全く記憶がないという」と話し、「本当に大河の現場でも『いやもう悪かった』と」謝罪したことを明かした。

 また「そういうときでもね、あの人ね、『そういうの関係ねえよ』みたいな感じに見えるかもしれないし、実際俺にもタメ口なんですけど、上下関係って言うのね、体育会系なのか分かんないけど、割とちゃんと感じている人なんですよね。だから常に俺が酔っぱらうとちゃんと介抱してくれる」と感謝。「酔ってなくて、小栗家にも迷惑かけないんだったらね、また小栗を誘おうと思っていますけれどもね」と続けた。

 スタジオでVTRを見た小栗は「そうですね。二朗さんと飲むと大体迷惑をこうむるんですよね」とぶっちゃけ。最近は“リモート飲み”の誘いが多いとし、「大体(連絡が)来るのが本当にタイミングが良くて。『僕も家なんでつなぎます』って。(映像が)ついた時点でほぼほぼ泥酔なんです」と証言した。

 “リモート飲み”を終わらせるときはどうしているのかと聞かれると、「大体いつも一緒にやっているものが40分ぐらいで切れるんですよ」。MCの近藤春菜が「無料だと40分で切れるやつだ」と話すと、小栗は「40分で切れて、そうするとまた誘いのメールが来るんですけど、そのメールは読まなかったことにして寝ます」と回答して笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2022年1月15日のニュース