宮迫博之、ヒカルからの“クビ”宣告に落胆 スポンサー社長に大ボヤき「知らんと見たからショックで…」

[ 2021年12月5日 17:28 ]

宮迫博之
Photo By スポニチ

 靴とファッションの通販サイトを運営する「ロコンド」社長の田中裕輔氏(41)が2日、公式YouTubeチャンネルを更新。元お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(51)がゲスト出演し、田中氏に“物申す”場面があった。

 人気ユーチューバー・ヒカル(30)とともに、宮迫をCMに起用するなど、全面的なバックアップを行ってきた「ロコンド」。田中氏は「半年ぶりの撮影じゃないですか。この間、宮迫さんはいろいろとあって。年間スポンサーとしてヤキモキしていた半年間でした」と、笑いながら振り返る。

 宮迫は苦笑しながら「『でしょうね』としか言いようがないです。いろんなことで騒がしてしまったのは、スポンサー様に申し訳ないと思っています」と、頭を下げる。しかし「僕もちょっと言いたいことがあって。(ロコンドのアパレルブランドである)ReZARDのモデルをずっとやらせてもらってるじゃないですか。知らん間に代わってるやん?」と、ボヤキ全開。

 実はヒカルが独断で、ネットシンガーのまふまふ(年齢非公表)を新たなモデルとして任命。11月17日に投稿された動画では「宮迫さんは『牛宮城』でやらかしちゃったんで、クビにしました」とジョークを交えて話していた。宮迫は「いろいろあったし、代わるのはいいんですけど、全然教えてくれへんかったやん。知らんと見たからショックで…言って欲しかったなぁ~」と、詰め寄った。

 田中氏が「僕も知らなかったんですよ!」と釈明するも、宮迫は「結構、焼肉のことで『ヒカルくんと仲違いしてる』とか、ささやかれていたので。余計憶測を呼ぶなって、ちょっと思ってしまいましたね」と“クレーム”を入れていた。

 田中氏は「結果的に改めて(宮迫が手がけるアパレルブランド)ZILVERの撮影をやっていただきましたし、僕もスポンサーでいろいろと思うことがあって。もう年末なんで、そこは両方に無くしてね。来年から新しい関係でやっていきましょう!」と、お互いに前を向いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年12月5日のニュース