花田虎上 弟を「うらやましい」と思った瞬間 その時自身は「付き人ですよ。通訳みたいだった」

[ 2021年12月5日 14:12 ]

タレントの花田虎上
Photo By スポニチ

 元大相撲の横綱若乃花で、タレントの花田虎上(まさる、50)が5日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演。弟で元横綱・貴乃花の貴乃花光司氏(49)を「うらやましい!」と思った瞬間を明かした。

 きょうだいは88年、2人そろって父が親方を務める藤島部屋に入門。花田は「弟は入った時からスターだから」と回想。そして「唯一うらやましいと思ったのは、後援会の方に連れられて夜のお店に行った時」だったと明かした。

 花田は「弟が入った瞬間、女の子たちが『ワタシ!』『ワタシ!』って並んでるわけですよ。取り合いしてるわけですよ。それを見てて、さすがに俺もいいなぁ!と思って」と告白。一方の自身はというと、隣に大人気の弟がいたことで、全くモテなかったと説明。それどころか「付き人ですよ。本人がここにいるのに誰も話しかけない。俺が通訳みたいだった」と苦笑いで振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年12月5日のニュース