たけし あのコンビのネタを絶賛「漫才のスタイルを変えたな」「良いパターン作った」

[ 2021年12月5日 22:35 ]

ビートたけし
Photo By スポニチ

 タレント、ビートたけし(74)が5日放送のフジテレビ「THE MANZAI 2021 マスターズ」(後7・00)に出演し、お笑いコンビ「かまいたち」の漫才を絶賛した。

 「爆笑問題」「アンタッチャブル」「サンドウィッチマン」ら人気・実力を兼ね備えた漫才の名手たち22組と、「THE MANZAI 2021 プレマスターズ」を勝ち抜いた「ミキ」を含む23組がネタを披露した。たけしは、番組最高顧問として各組をチェック。「千鳥」に対して「本当くだらねぇ芸だろう、普通だったらバカなことやってんじゃないって言うんだけど、いつの間にか巻き込まれてんだよな」とコメントし、高評価だ。「中川家」には「あのお兄ちゃん(剛)のボケ、本当好きだな。こうくるって大体分かっているんだけど。いや~、おかしいわ」と笑顔を浮かべた。

 出演者の中から「最高の中の最高」と評価する「たけし賞」を発表するシーンでは、「かまいたち」の名前を挙げた。ボケの山内健司(40)が「この世で一番意味のない質問」に関して、「その格好、寒ない?」だと主張することから広がる、独特の漫才。たけしは山内を「本当に漫才とかそういう事しか考えていない奴」と表現し、「自分たちのスタイルを作り出しちゃったね、良いパターン作ったよな」と称えた。これまで見たものと異なる世界観を感じた様子で、「漫才のスタイルをちょっと変えたなっていうのは、かまいたちかな」と述べ、「すごい小さなところをつついて、あそこまで広げるのはたいしたもんだと思うよ」とした。濱家隆一(38)は、たけしの言葉に「さっき、褒めていただいて、めちゃくちゃうれしかったです」と喜んだ。

 たけしは、コロナ禍における漫才にも言及。劇場などに入場制限が設けられていたことに触れ、「客が密集していなくて、間あけているんだけど。それに慣れたのか(今回出演した芸人は)何の違和感もなく、いいネタをやって。コロナ禍だからといって、ネタが沈んでいるわけでもないし、お客が盛り上がっていないわけでもないから良かったなって思う」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年12月5日のニュース