「きまぐれクック」かねこ、生きた上海ガニを購入した件について謝罪「『買って大丈夫』と思い込んでいた」

[ 2021年11月13日 20:38 ]

「きまぐれクック」かねこのツイッター(@Kneko__)より

 チャンネル登録者数461万人を誇る人気ユーチューバー「きまぐれクック」かねこ(30)が13日に自身のチャンネルを更新し、“上海ガニ問題”について謝罪するとともに、経緯を説明する場面があった。

 かねこは、10月31日に「中国からまだ生きてる『アノ食材』が届いた。ヤバすぎる。」(現在は削除済み)というタイトルの動画を投稿。業者から取り寄せたという、生きた上海ガニを調理する様子をアップしていた。この行為に視聴者から、上海ガニが「特定外来生物」に指定されているため、違法ではないかという指摘が。実際に環境省は、上海ガニを無許可で生きたまま日本へ持ち込むことを禁止している。この件をユーチューバー・コレコレがライブ放送で取り上げたことが話題となり、かねこは4日にサブチャンネルで謝罪動画を投稿していた。

 かねこは今回の動画で、「よく魚をヤフーオークションで買うんですけど、オススメに上海ガニが出て来きて、珍しいと思って購入しました。『内緒で活で送ってください』とか言ったことはなくて、向こうから営業許可証の提示を求められることもありませんでした。そして、生きたカニが届いたその日の夜に撮影しました」と、経緯を話す。

 「今回のような事態が起きた原因は2つありまして。まず、誰もが知っている大きなサイトで普通に売られていたので、『買って大丈夫なはず』と思い込んでいたこと。『カニに特定外来種生物はいないはず』という浅はかな固定概念があったことからです」と、反省したかねこ。また、コメント欄で指摘があったことを認識しつつも、対処が遅れたことについては「そんなことあるわけないと、勝手に思い込んでしまって調べることもしませんでした。貴重な意見を頂いたのに無視してしまったこと、本当に申し訳なく思っております」と、頭を下げた。

 「魚介類の調理の知識は少しはあるものの、生態系だとか外来生物に関する知識がゼロに等しくてですね。もっともっと勉強していきたいと思っています。また、仕入れは慎重に行うようにしようと思いました。今はインターネットでなんでも売買できる時代、個人で売買できる時代なので、どこに落とし穴があるかわからないと思いました。本当に気をつけないといけないと思います。このたびはお騒がせしてしまい、誠に申し訳ありませんでした」と、謝罪した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月13日のニュース