「ラスカル」主題歌の歌手も驚き「五輪に参加出来たよう」 西矢椛&中山楓奈を祝福

[ 2021年7月27日 13:31 ]

メダルを手に笑顔を見せる西矢(左)と中山(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 「あらいぐまラスカル」のオープニング曲「ロックリバーへ」を歌う、歌手の大杉久美子(70)が女子ストリートで日本史上最年少の金メダルを獲得した13歳の西矢椛(もみじ、ムラサキスポーツ)と同競技で銅メダルを獲得した16歳の中山楓奈(ムラサキスポーツ)を祝福した。

 西矢が中山とは競技中に会話を交わすシーンが見られ、インタビューでは「ラスカルの話をしてました。(スケートボードとは)全然関係ないです」と照れ笑い。この“ラスカル”について情報が錯綜。人気アニメ「あらいぐまラスカル」のほか、ヒップホップ歌手のディジー・ラスカルのことだったのではないかとの話も出ていた。そして、試合から一夜明けた27日に各局の朝の情報番組にハシゴ出演した際に真相が判明。中山は試合中に「テンションが上がるから」という理由で、「ロックリバーへ」を聞いていたことが明らかになった。

 大杉は「西矢選手、中山選手おめでとうございます」と祝福し、「中山選手のような、若い世代の方が私の歌ったラスカルの歌や、作品を見たり聞いたりしてくださってるのは、本当に嬉しい事と同時に驚いております。やはり、良い作品というのは、世代を超えて支持されるんですね。図らずも五輪に参加出来たような不思議な気持ちです」とコメント。最後に「日本選手のみなさんがんばれー!!!」とエールを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月27日のニュース