×

「おかえりモネ」キンプリならぬ“King&Pizza”話題「りょーちん愛」「注文したい」トレンド入り

[ 2021年7月27日 08:30 ]

連続テレビ小説「おかえりモネ」第52話。百音(清原果耶・左)と明日美(恒松祐里)が頼んだ宅配ピザは「King&Pizza」(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の清原果耶(19)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は27日、第52話が放送された。劇中に登場したピザの店名「King&Pizza」がツイッターの国内トレンドに入るなど、SNS上で反響を呼んだ。朝ドラ初出演の永瀬廉(22)がメンバーの人気アイドルグループ「King&Prince」をもじったとみられる。

 <※以下、ネタバレ有>

 朝ドラ通算104作目。清原とタッグを組んだNHK「透明なゆりかご」やテレビ東京「きのう何食べた?」などで知られる安達奈緒子氏が手掛けるオリジナル作品。朝ドラ脚本初挑戦となった。タイトルにある「モネ」は主人公・永浦百音(ももね)の愛称。1995年に宮城県気仙沼市に生まれ、森の町・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・百音が気象予報士の資格を取得し、上京。積み重ねた経験や身につけた技術を生かし、故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描く。

 第52話は早朝、出勤の準備をしていた百音(清原)は、下宿先の建物で自分や明日美(恒松祐里)たち以外の誰かの気配を感じる。不審に思いつつも出勤した百音は、莉子(今田美桜)とコンビを組み、朝の情報番組の中継コーナーでパペットを動かす担当になった。その週末、深夜、明日美も何者かの気配を感じて百音と2人大騒ぎに。大家の菜津(マイコ)に助けを求めると、菜津は銭湯・汐見湯について驚きの事実を告げる…という展開。

 汐見湯への引っ越し祝いとして、百音と明日美が注文した宅配ピザの店名が「King&Pizza」。ピザの箱に、大きくプリントされていた。

 2人の会話の中に、永瀬が好演している百音の幼なじみ“りょーちん”こと亮の話題も。ピザの店名は「King&Prince」をもじったとみられ、SNS上には「りょーちんの話題が出てからの、キングアンドピザ笑」「King&Pizza、注文したいのですがw」「りょーちん愛を感じました!「なんてエモい演出なんだ」「キンプリちゃんも朝ドラに出してもらえた気分(笑)」などの声が相次いだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年7月27日のニュース