小沢一郎氏「宴でコロナが消えるわけがない」 東京都の新型コロナ新規感染史上最多で菅政権を批判

[ 2021年7月27日 17:33 ]

小沢一郎氏
Photo By スポニチ

 立憲民主党の小沢一郎衆院議員(79)が27日、自身のツイッターを更新。東京都の新型コロナウイルス感染者が過去最多を記録したことで菅政権を批判した。

 東京都はこの日、都内の新型コロナウイルス新規感染者数について2848人と発表。小沢氏は実数発表前に3000人を超える見通しと報道された時点でツイッターに投稿した。

 「東京感染者、3000人超見通し」と書き出すと「菅総理は先日のインタビューで『五輪で感染拡大との懸念あたらない』と述べた。GoToの時と同じ。自分の非を絶対に認めない。宴でコロナが消えるわけがない。自らが招いた厳しい現実を見ようともせず、責任を認めない人間に総理の資格はない」と厳しく批判。23日の東京五輪開会式当日に航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が東京都心で展示飛行し、その様子を見ようと歩道上で“密”状態になっている人々の様子を報じるニュース画像を添付した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月27日のニュース