菅田将暉 伊藤美誠との「意外なつながり」にビックリ、対面に期待「同じ“チーム”だから」

[ 2021年7月27日 16:34 ]

菅田将暉
Photo By スポニチ

 俳優、菅田将暉(28)が26日深夜放送のニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」(月曜深夜1・00)に出演。東京五輪の卓球・混合ダブルスで水谷隼(32=木下グループ)とペアを組み、金メダルを獲得した伊藤美誠(20=スターツ)との「思いがけないつながり」に驚いたと明かした。

 五輪ではシングルス、ダブルス、団体戦で28戦全敗だった中国勢を下し、1988年ソウル五輪から採用された卓球で日本勢初の頂点に。菅田は「悲願の中国打倒とか、見ていて凄いなと思いつつ、実はこのニュースが個人的には関係がありまして」とコメント。「伊藤美誠選手はトップコート業務提携なんですよ。僕の所属している事務所が業務提携しているみたいで」と打ち明けた。

 競技会場のメディア対応に事務所スタッフが対応している可能性に思いを馳せつつ、「今日社長からメールが来て僕は知ったんですけど。伊藤美誠選手選手の金メダルの瞬間の写真とともに『伊藤美誠選手、うちと業務提携しています』って。『おめでたいとね』っていう」。伊藤と対面したことはないものの、「そんな関係性で五輪を感じると思っていなかったから変な感じよね。お会いしたこともないし(直接的な)関係性はないけれども、一緒の事務所ってちょっとしたファミリー感はあるから」と嬉しそうに話した。

 将棋の羽生善治九段(50)もトップコートと業務提携している。菅田は、伊藤、羽生と事務所のつながりで会えるかもと期待。「可能性としてはあるからな、同じ事務所ですからね。コロナ以前の状態だったら(対面が)ありえるからね。そうやな、せっかく同じつながり、チームなんだから楽しみですね」と心待ちにし、「思いがけないつながりで驚いています」と語った。「本当におめでとうございます」と快挙を祝福し、この話題を締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月27日のニュース