さんま「俺ならとうに離婚届」 あの人気芸人の妻を称賛するワケ

[ 2021年7月18日 10:40 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(66)が17日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・10)に出演。共演者のタレント・藤本美貴(36)を「偉い」と称賛した。

 褒め称えたのは、夫・庄司智春(45)に対する妻としての振る舞い。さんまによると「旦那は真っ裸で部屋をうろうろしてて、『行かなきゃ!』って言ってジムに行く。そんなん、本当は泣いてもいいやん。『また言ってる』って。でも、お前はゲラゲラ笑っているやんか旦那の行動を。(庄司が)『見て見て。ここの筋肉がついた』って言ってきたら『バカじゃない?』って言ってもええやんか。でもミキティは『わあ!すごい!』って言ってあげる」という。

 基本的にはポジティブ思考で「どうせ同じ時間を過ごすなら楽しく過ごしたい」と人生を送っている藤本。さんまは「俺はいつもミキティに感心している」としつつ「俺がお前の旦那の嫁なら、とうに離婚届」と笑わせた。

 かつて庄司は、バラエティ番組で「1分間にお尻でくるみを割る最多記録」に挑戦し、当時のギネス記録を更新したことも。さんまは「ピスタチオをケツで割るときに、別れようと思う」と話したが、藤本は「一瞬ギネス持ちましたから。世界一ですよ?」とフォローを忘れなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月18日のニュース