松本莉緒 30歳転機に決意、女優からヨガ講師へ 周囲は冷たい反応も…「今すごい幸せ」

[ 2021年2月26日 21:35 ]

女優の松本莉緒
Photo By スポニチ

 女優として数々のドラマや映画に出演した松本莉緒(38)が、26日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)に出演し、ヨガインストラクターに転身した現在の姿を披露した。

 11歳で芸能界デビューし、ドラマ「聖者の行進」、「ガラスの仮面」などに出演したが、悩みも抱えていた。「30を迎えるころ、女優を続けるべきか悩んでいた」と当時を振り返り、「自分じゃない何かに(なって)、何かの自分を装って生きている感がある。呼吸も苦しかった。今思うと、認められようとして頑張っていたんだな」とも明かした。

 ちょうどそのころに通ったヨガ学校の先生の影響で、ヨガに目覚めたという。「『ヨガと結婚した』と言っていいほどピッタリだったんです、自分の精神に」。30歳の誕生日に転身を決意し、19年には東京・府中市にヨガスタジオをオープン。今や多くの美女インストラクターを抱えるスタジオの社長で、イベントを行うと約2000人が集まる人気ぶりという。

 松本の決意に周囲の反応は冷ややかだったが、「『芸能界に失敗したから、こっちに行ったんだよね?』と最悪、言われたとしてもいいやくらいに思えた」と迷いはなかったことを明かした。

 プライベートでは同年、スタジオの生徒だった会社員の男性と結婚。昨年5月には第1子男児を出産した。仕事に家庭にと充実した日々に、「(転職して)間違いなく良かったです。今すごい幸せです。ヨガ=生きること」と迷いなく言い切った。

 松本は30歳が人生の転機になった。30歳当時について聞かれた田原俊彦(59)は「個人事務所を作ったりなんかして、ジャニーズを抜け出す準備を着々としてたころですね」と明かした。するとMCの「爆笑問題」太田光(55)は「干されてた時期じゃない?」とぶっ込み、返す刀で「オリエンタルラジオ」藤森慎吾(37)を「お前はこれからだろ?」といじっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年2月26日のニュース