G党アンタッチャブル・山崎弘也 あの10・8決戦を回顧「槙原、斎藤、Mattの父ちゃん」

[ 2021年2月26日 15:48 ]

アンタッチャブルの山崎弘也
Photo By スポニチ

 アンタッチャブル・山崎弘也(45)が25日放送のテレビ朝日「アメトーーク!」(木曜後11・15)に出演。プロ野球のあの10・8決戦を回顧した。

 この日の番組には、プロ野球・巨人ファンの芸人が集合。「巨人ファンあるある」の企画で、「10・8決戦を語りたがる」をテーマにトーク。ビビる大木(46)が「国民的行事」、さまぁ~ず・三村マサカズ(53)が「エース全員投入」と言うと、山崎は「槙原、斎藤、桑田」とうれしそうに列挙。「ますだおかだ」の岡田圭右(52)に「そういう言い方で若いファン増えますか」とツッコまれた山崎は「じゃあこういう言い方いいですか。槙原、斎藤、Mattの父ちゃん」と言い直していた。

 ▽「10・8決戦」VTR 巨人と中日がともに69勝60敗の同率首位で並び、最終戦で直接対決。勝者が優勝となる決戦を巨人・長嶋監督は「国民的行事」と称した。試合は2回、落合が中日先発・今中からソロ本塁打を放つなど巨人が2点を先制。4回には村田真、コトー、5回には松井と一発攻勢で差を広げた。投げては槙原―斎藤―桑田の先発3本柱のリレーで中日の反撃を封じ、4年ぶり27度目の優勝でミスターが宙を舞った。関東地区の平均視聴率は、プロ野球最高の48.8%を記録。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月26日のニュース