小室哲哉氏&KEIKO離婚成立 KEIKOが報告「新たな気持ちと強い決意で前に進んでいく」

[ 2021年2月26日 18:00 ]

離婚を発表したKEIKO(右)と小室哲哉氏
Photo By スポニチ

 2018年1月に引退宣言した音楽プロデューサー小室哲哉氏(62)と妻で音楽ユニット「globe」のKEIKO(48)が離婚したことが26日、分かった。KEIKOが、所属する「エイベックス・マネジメント」の公式サイトを通じて「調停離婚が成立いたしました」と発表し、「新たな気持ちと強い決意で前に進んでいきたいと思っております」とコメントした。

 KEIKOはサイトに直筆の文書を発表。「私KEIKOは、この度、小室哲哉さんとの調停離婚が成立いたしましたことをご報告させて頂きます」と伝えた。ファン・関係者に対して、「ご心配・ご迷惑をおかけしてまいりましたことを、ここに改めてお詫び申し上げます。お騒がせしまして本当に申し訳ありませんでした」とつづった。

 11年にくも膜下出血を発症して以降、多くの励ましの言葉を受けたことにも触れ、「沢山のお見舞のお言葉や励ましのお言葉を頂き、その皆様の優しさに助けられ、支えられて頑張ってまいりました」と感謝。病状については、「おかげさまで大きな後遺症もなく、元気に日常生活を送っております」と明かした。

 今後の決意も新たに。「健康管理に気をつけながら、アーティストとしても皆様に恩返しができるよう、精一杯努力して参ります」とし、「新たな気持ちと強い決意で前に進んでいきたいと思っております。今後とも温かく見守って頂けましたら幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます」と結んだ。

 2人は02年に結婚。小室氏は3度目の結婚だった。小室氏が献身的に妻に寄り添う姿が取り上げられていたが、18年1月、不倫疑惑が報じられたことを受け会見し、引退を表明した。

 昨年10月、スポニチ本紙のインタビューに応じた小室氏は、引退の引き金となった不倫疑惑について反省の言葉を口に。離婚調停に入っていたことに触れ、「その後のフォローも含めて、全て自分本位だったことが招いた結果です」と語っていた。一方で「僕も自分が進むべき道がやっと見えてきた」と語り、復帰する意向も示した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月26日のニュース