王将戦挑決リーグの勝負めし 藤井2冠は五目チャーハン

[ 2020年10月27日 05:30 ]

第70期王将戦 挑戦者決定リーグ

藤井2冠の昼食、紫金飯店の五目チャーハン
Photo By スポニチ

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負で渡辺明王将(36)の対戦相手を決める挑戦者決定リーグは26日、東京都渋谷区の将棋会館で2局を行い、永瀬拓矢王座(28)が藤井聡太2冠(18)を164手で下した。

 この日の昼食は藤井が五目チャーハン(紫金飯店)、永瀬がうな重・梅=半ライス、漬物なし、肝吸い、肝焼き(ふじもと)。永瀬はさらにバナナ3本とバランス栄養食もいつも通り追加して長期戦に備えた。木村一基九段―佐藤天彦九段戦は木村が注文なしで、佐藤はうな重・梅(ふじもと)。木村は弁当持参で知られている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月27日のニュース