NiziU 「スッキリ」で世界初の生パフォ 初々しくキュートに「Make you happy」披露

[ 2020年10月27日 09:42 ]

12月2日にCDデビューがきまっているNiziU
Photo By 提供写真

 9人組ガールズユニット「NiziU(ニジユー)」が27日、日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。世界初の生パフォーマンスを披露した。

 ユニットは12月2日にCDデビューシングル「Step and a step」の発売を控えるが、この日は6月30日に配信され、YouTubeのMV1億5000万回再生、サブスク再生も1億回を突破し、大ブームを巻き起こした「Make you happy」を生披露。メンバー・MIIHI(ミイヒ、16)が体調不良のため、当面の間で休養すると23日に発表。この日は8人でのパフォーマンスとなった。

 今年1月から彼女たちを生み出した「Nizi Project」の特集を放送してきた同番組。

 この日、韓国から帰国後初のテレビ出演となったメンバーは、「『スッキリ』の皆さん、そして『スッキリ』をご覧の皆さん、おはようございます」と声をそろえて元気にあいさつ。MIIHIの様子について、リーダーのMAKO(マコ、19)は「現在の体調は治療を受けて徐々に回復しています」と説明。「今回はMIIHIはいないんですけど、MIIHIの分まで一所懸命頑張って(パフォーマンスしますので)、私たちとMIIHIの応援よろしくお願いします」と話した。

 この日、メンバーは午前3時入りだったといい、初めての日本テレビのスタジオに、RIO(リオ、18)は「発見がいろいろとあって、入った時にワクワクというか、“うわっ、すごい!”って」と目を輝かせた。

 番組では、帰国後の様子や、9カ月間の韓国での生活などについてトーク。VTRでも紹介された。

 スタジオトークでは、メンバーとの関係性についても言及。RIMA(リマ、16)が「友達を越しちゃった関係。親友も越しちゃった関係。凄く毎日楽しい。家族のちょっと下」と話せば、RIKU(リク、18)も「一緒の夢を追いかける仲間」、MAYA(マヤ、18)は「友達でもないし、ライバルでもないし、大切な仲間 こんな関係になるのは初めて」と笑顔。最年長でリーダーのMAKOは「家族では一番下で、今回はみんなが妹って感じで本当に幸せです」と満面の笑みを浮かべた。

 「NiziU(ニジユー)」は世界で活躍できるグループを発掘、育成しようと、昨年2月に始動したソニーミュージックと韓国の芸能事務所JYPの共同事業「Nizi Project」で結成されたグループ。昨年7~8月のオーディションには1万人超の応募があり、選抜メンバー26人がサバイバル合宿などを経て、勝ち抜いた9人が「NiziU(ニジユー)」としてデビューした。9月に放送された同局の音楽特番「THE MUSIC DAY 人はなぜ歌うのか?」で初のテレビパフォーマンスを披露していたが、生のパフォーマンスはこの日が初めてとなった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月27日のニュース